夏に向けて知っておきたい消化器系の疾患

下腹の強い痛みを起こす代表的な病気には、大腸に憩室が多発する大腸憩室症、尿管や膀胱などの尿路結石症、特定疾患に指定されている潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症が起こる急性腹膜炎、卵巣の病気等の病名が挙げられるでしょう。
鍼灸のハリを患部に刺す、というフィジカルな刺激が、神経細胞を目覚めさせて、神経インパルスと呼ばれるいわば電気信号伝達を引き起こすという考えが浸透しています。
基礎代謝というものは人間が何もせずに横たわっていても燃焼するエネルギー量であり、半分以上を身体中の筋肉・臓器の中で一番大きな肝臓・脳の3つが占めているということをご存知ですか?
肝臓をいつまでも元気に保持するためには、肝臓の解毒する作用が下がらないようにする、言いかえれば、肝臓のアンチエイジング対策をできるだけ早く実行することが必要でしょう。
真正細菌の一種である結核菌は、患者がゴホゴホと「せき」をすることで空中に放出され、空中でフワフワ浮いているところを他人が呼吸しながら吸い込むことで次々に感染していきます。
老化が原因の耳の遠さでは段階を経て聴力が低下していくものの、普通還暦くらいまでは耳の悪さをはっきりと自覚できないものです。
アミノ酸の一つであるグルタチオンには、細胞の機能を衰退させたり突然変異を誘引する人体に悪影響を及ぼす有害物質を身体の内側で解毒し、肝臓の働きを強化するような特徴が明らかになっているのです。
杉花粉症などの病状(鼻みず、鼻詰まり、クシャミなど)のせいで夜よく睡眠を取れないと、それが災いして慢性的な睡眠不足になり、翌朝起床してからの行動に芳しくない影響を及ぼすことも考えられます。

健康
健康管理で知っておきたいこと

脚気の症状としては、手先や足先がジンジンと痺れたり脚の浮腫みなどがよく見られ、進行すると、深刻な場合 …